ドットio

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

AIMRについて 概要 組織・運営 戦略 公募情報 動画ライブラリー アクセスマップ 研究体制 研究者・研究室一覧 研究分野 3つのアドバンストターゲットプロジェクト 共同研究 研究成果 プレスリリース メディア・受賞情報 AIMResearch 広報誌 トピックス ニュース セミナー・シンポジウム 国際連携 海外サテライト 海外連携機関 海外協定校 研究者交流プログラム 研究支援 支援体制 外国人研究者のために(IAC) 訪問者のために 研究者一覧 一般の方へ 研究者・学生の方へ 企業の方へ アクセス AIMR基金 English リサーチハイライト 強誘電体材料: 準粒子『フェロン』を解き明かす 2024年01月09日 強誘電体分極の動的輸送現象の解明を目指して 研究について議論するTang特任助教(左)とBauer教授(右) 強誘電体材料(FEMs)はその複雑さゆえ、材料の作製、特性評価、モデリングが困難であると知られている。またマグノン準粒子に関する研究の進展により、動力学や輸送特性など、磁性材料の物理的性質に対する理解が深まっているが、FEMsやフェロン準粒子については未解明な部分が多く残されている。 AIMRのPing Tang特任助教は「FEMsの動力学に関する理論研究の多くは、調和領域に焦点を当てています。しかしながら、これらの手法では、強誘電体分極特有の運動方程式の非線形性が考慮されておらず、フェロンの概念が完全に抜け落ちてしまいます」と、現状の課題について説明する。 2022年、Tang特任助教、Bauer教授らの研究チームは、この課題の解決を目指して、変位型FEMsに対して系統的に非調和性を導入することで、まだ謎のヴェールに包まれたフェロンの本質に迫ろうと試みた1。また、Landau-Ginzburg-Devonshire理論を用いて、フェロンが担う静的な電気双極子を定量化した。このパラメータは、磁性材料でいえば、マグノンが担うスピンや磁気モーメントに相当する。 さらに、熱と電気双極子の両方を輸送するフェロン励起が同定されたことにより、低温時の焦電係数や電気熱量係数、ペルチェ係数やゼーベック係数、電界依存の熱伝導率、強誘電性ファンデルワールスヘテロ構造におけるフェロンドラッグ熱電特性など、FEMsの特性を予測できる可能性が示唆された。 「FEMsの動的輸送特性は、最近までほとんど注目されていませんでした。これはフェロンの動的輸送特性に関する初の報告であり、今後は『フェロニクス』という新しい分野を開拓し、先行している磁性材料とのギャップを埋めていきたいと考えています」と、Tang特任助教はコメントしている。 今後は、茨城県つくば市に拠点を構える物質・材料研究機構(NIMS)と協力し、フェロン励起のさらなる実験的観測を目指していく。 (原著者:Patrick Han) References Tang, P., Iguchi, R., Uchida, K. & Bauer, G.E.W. Excitations of the ferroelectric order Physical Review B 106, L081105 (2022). | article このリサーチハイライトは原著論文の著者の承認を得ており、記事中のすべての情報及びデータは同著者から提供されたものです。 キーワード 強誘電体材料 フェロン準粒子 強誘電体分極の輸送特性 Landau-Ginzburg-Devonshire理論 非調和性 Tweet リサーチハイライト一覧へ 研究成果 プレスリリース 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 メディア・受賞情報 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 AIMResearch AIMResearchとは リサーチハイライト 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 スポットライト 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 メール配信登録 広報誌 最新情報 2024年05月22日 Machine Learning Accelerates Discovery o... 2024年05月16日 New Data-Driven Model Rapidly Predicts D... 2024年05月15日 Researchers Unlock Vital Insights into M... セミナー・シンポジウム 2024年05月01日 【5/1】第5回「AIMRセミナー」のご案内 2024年04月26日 【4/26】第4回「AIMRセミナー」のご案内 【5/10】第6回「AIMRセミナー」のご案内 AIMResearch PDF Research Highlights 2021 2021年版の無料PDFダウンロード Download previous issue AIMResearch 2021 AIMResearch 2020 AIMResearch 2019 AIMResearch 2018 AIMResearch 2017 AIMResearch 2016 AIMResearch 2015 AIMResearch 2014 AIMResearch 2013 AIMResearch 2012 AIMResearch 2011 AIMResearch 2010 AIMResearch 2009 ホーム 研究 AIMResearch リサーチハイライト 2024年 強誘電体材料: 準粒子『フェロン』を解き明かす 東北大学-TOHOKU UNIVERSITY- 世界トップレベル研究拠点プログラム 職員のために リンク サイトマップ Copyright © 2020 Tohoku University. All Rights Reserved.

188betpoker ボンズカジノ(Bons Casino)の特徴と長所・短所の徹底解説 ... ジャックポットゲーム ジャックポットゲーム
Copyright ©ドットio The Paper All rights reserved.