ラトビア対ウェールズ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

文字サイズ 教科の広場 国語・書写 社会・地図 算数 理科 生活 家庭 体育(保健) 英語 道徳 総合的な学習 学校経営 特別支援教育 ICT活用 教科の広場 国語・書写 社会・地図 数学 理科 保健体育 技術・家庭 英語 道徳 総合的な学習 学校経営 特別支援教育 ICT活用 教科の広場 国語 地歴・公民・地図 数学 理科 書道 英語 家庭 情報 総合的な探究 特別支援教育 進路指導 ICT活用 小学校 教科の広場 国語・書写 社会・地図 算数 理科 生活 家庭 体育(保健) 英語 道徳 総合的な学習 学校経営 特別支援教育 ICT活用 中学校 教科の広場 国語・書写 社会・地図 数学 理科 保健体育 技術・家庭 英語 道徳 総合的な学習 学校経営 特別支援教育 ICT活用 高等学校 教科の広場 国語 地歴・公民・地図 数学 理科 書道 英語 家庭 情報 総合的な探究 特別支援教育 進路指導 ICT活用 特集/教育テーマ 資料検索 サポートQ&A 文字 小 文字 大 TOP 教育文化ニュース 不登校の子らに大規模な居場所=長野市教委 教育文化ニュース 2024年4月11日 不登校の子らに大規模な居場所=長野市教委  長野市教育委員会は、不登校児童生徒を受け入れる居場所として、教育支援センター「SaSaLAND(ササランド)」を整備した。これまでは公民館などを活用した比較的小規模な施設を7カ所運営してきたが、新設のセンターは1日50人を受け入れることができる大規模なものとした。多様な学びを保障して、社会的自立につなげる。  建物は、2009年から休校となっていた市立小学校分校を改修。2階建てで、自習室やアトリエ、ワークスペースなどがあり、別館として屋内運動場を設けた。スタッフは10人程度。会計年度任用職員で、教員経験者らが務める。  センターは4月8日に利用開始。平日の午前9時〜午後3時に無料で開放し、農業体験や野外活動などを自由に行える。センターに来れば、在籍校で出席扱いとなる。  この他、メタバース上での居場所も提供する。センターの職員が管理者を務め、同23日から運用を始める。建築ゲーム「マインクラフト」や鬼ごっこなどの活動を通し、他の子どもたちやボランティアの大学生とのコミュニケーションの機会を設ける。  市によると、22年度の不登校児童生徒数は1000人当たり30.4人で増加傾向にある。不安を抱える保護者のため、カウンセラーに相談できる体制や保護者同士が交流できる場も整える。学校教育課の担当者は「居場所の選択肢を増やし、いろいろな背景を抱えた子を全方位で網羅できるようにしたい」と話している。 Copyright © TOKYO SHOSEKI CO., LTD. All rights reserved 東書Eネットについて| サポート/Q&A | 東書Eネットご利用に関して| 個人情報の取り扱いについて JASRAC許諾 第9005621006Y45040号

バカラのゲームルール ライブアライブ攻略 ライブアライブ攻略 ポルトゲーザ
Copyright ©ラトビア対ウェールズ The Paper All rights reserved.